日本で唯一   焙煎アーティスト 島 規之

焙煎アーティスト 島規之のブログ 新着情報

  • カフェで使える全自動コーヒーマシンを見てきました

    昨日は月曜日ですので僕自身の定休日。 お休みの時間を利用して、なんと新潟からお客さんをお迎えし、アテンドさせて頂きました。   新潟村上市でパティスリー(ケーキ屋さん)を営む、ハッピーシュガ...

    続きを読む

  • ドリップコーヒー 蒸らしを上手くするコツはあるの?

    いつも通販でのお買い求めのお客さんがお店に訪ねてくれることがあります。 電車賃や高速代などを使い、わざわざ。   通販でも購入できるのに、わざわざお店に来てくれることにもうなんと表現して良い...

    続きを読む

  • エスプレッソの超極細挽きの粉をペーパードリップした結果

    最近の僕のブログを書くパターンとして、序破急の3部構成で序はここの始まりのパートになるわけですが、日記的要素を書き、次に破で本題、急で急速に終わって行く、そんな組み立てにしています。   そ...

    続きを読む

島珈琲の中焙煎と深焙煎について

ロースト(中焙煎・深焙煎)の違いについて

焙煎(ロースト)によって左右されるコーヒー味わい
全般的に中焙煎は優しいマイルドな味わいで、深焙煎は甘い苦味が特徴です。
この二つのタイプの焙煎度合いのコーヒーから
お好みのブレンドやシングルエステートをお選びください。

img_roast1 中焙煎
焙煎度合いが中煎りのコーヒーは、ほどよい甘みのマイルドな味わいで、飲みやすいく、何杯飲んでも飽きのこないタイプのコーヒーです。

img_roast2 深焙煎
焙煎度合いが深煎りのコーヒーは 苦味と後口の甘みが特徴で ミルクやシュガーを加えれば キャラメルを思い起こすような ビター&スィートが特徴です。

master-photo

甘くほろ苦いラブストーリーのような味わい
一粒の珈琲に秘められた物語
人の想いを味わう感性を持った方に心豊かに飲める
コーヒーの名作をまごころこめて焙煎しております

焙煎はテクニックだけではなく感性が命のアートです

僕の最高の作品を是非ご賞味ください
焙煎アーティストのコーヒー豆が買えるのは
日本で唯一 島珈琲だけです

コーヒー豆専門店
島珈琲  焙煎アーティスト  島 規之

 

2016年9月1日より通販の送料変更についてのお知らせ
詳細をこちらに書いておりま。ご覧下さいませ。
よろしくお願い致します。
http://blog1.shima-coffee.com/?p=14532

 

焙煎アーティスト 島規之のブログ
特に皆さんがコーヒーの知りたいことの記事です。よろしければ参考にしてくださいね。

★ドリップコーヒーを美味しく安定していれる7つのコツ
記事はこちら http://blog1.shima-coffee.com/?p=11340

★ペーパーはタッパーで(ペーパーの保存方法)
記事はこちら http://blog1.shima-coffee.com/?p=8335

★【保存版】プロおすすめの「コーヒー豆(粉)の保存方法」
記事はこちら http://blog1.shima-coffee.com/?p=11639


焙煎アーティスト 島規之の店 『自家焙煎 島珈琲』3つのこだわり

1 コーヒー焙煎はアートです

 

焙煎はテクニックだけではなく感性が命のアートです
つくり手の感情 経験 想い等 様々なものがこめられて
他にない味が実現できます
当店のコーヒーは僕の感性がつまった作品です

 

2 厳選素材だけを調達

 

感性に優れた取引先からのみ厳選素材を仕入れます
素材を選ぶ基準は「有名だから」ではなく
ほんとうにいい素材だから」です
 

3 道具もハンパじゃない

 

例えば 焙煎機
稀にみる名機ですが
全国でも過去1台しか販売されていないらしい・・・
高い質の豆 焙煎人の腕を要求する
上から目線のじゃじゃ馬だから 笑

ページの先頭に戻る▲