日本で唯一   焙煎アーティスト 島 規之

焙煎アーティスト 島規之のブログ 新着情報

  • 何をするにもカクゴっているよね

    さて、久しぶりにブログを書くネタが思いつきませんでした。   いつも日々のパターンとして、朝 お店に来たら焙煎機のスイッチを入れて暖機している間に、掃除と段取りの一部をすまし、そして焙煎。 ...

    続きを読む

  • ブレンドのネーミングはどんなふうに決めているのか

    娘はなぜかテレビの天気予報が好きで、大阪は晴れくもりやなぁとか、花粉状況が沢山やなぁとか、独特の関西弁のイントネーションでしゃべりながら、見たことを伝えてくれます。   雨の多かった4月も終...

    続きを読む

  • 教えて!グァテマラコーヒーの魅力とは

    昨日は休日。 午前中で終了する娘の幼稚園の送り迎えをして、そのあとは家族で実家に行き、両親と晩ご飯を一緒しました。   おじいちゃんとおばあちゃんとお話したり遊んだり、その光景はほのぼのして...

    続きを読む

島珈琲の中焙煎と深焙煎について

ロースト(中焙煎・深焙煎)の違いについて

焙煎(ロースト)によって左右されるコーヒー味わい
全般的に中焙煎は優しいマイルドな味わいで、深焙煎は甘い苦味が特徴です。
この二つのタイプの焙煎度合いのコーヒーから
お好みのブレンドやシングルエステートをお選びください。

img_roast1 中焙煎
焙煎度合いが中煎りのコーヒーは、ほどよい甘みのマイルドな味わいで、飲みやすいく、何杯飲んでも飽きのこないタイプのコーヒーです。

img_roast2 深焙煎
焙煎度合いが深煎りのコーヒーは 苦味と後口の甘みが特徴で ミルクやシュガーを加えれば キャラメルを思い起こすような ビター&スィートが特徴です。

master-photo

甘くほろ苦いラブストーリーのような味わい
一粒の珈琲に秘められた物語
人の想いを味わう感性を持った方に心豊かに飲める
コーヒーの名作をまごころこめて焙煎しております

焙煎はテクニックだけではなく感性が命のアートです

僕の最高の作品を是非ご賞味ください
焙煎アーティストのコーヒー豆が買えるのは
日本で唯一 島珈琲だけです

コーヒー豆専門店
島珈琲  焙煎アーティスト  島 規之

 

2016年9月1日より通販の送料変更についてのお知らせ
詳細をこちらに書いておりま。ご覧下さいませ。
よろしくお願い致します。
http://blog1.shima-coffee.com/?p=14532

 

焙煎アーティスト 島規之のブログ
特に皆さんがコーヒーの知りたいことの記事です。よろしければ参考にしてくださいね。

★ドリップコーヒーを美味しく安定していれる7つのコツ
記事はこちら http://blog1.shima-coffee.com/?p=11340

★ペーパーはタッパーで(ペーパーの保存方法)
記事はこちら http://blog1.shima-coffee.com/?p=8335

★【保存版】プロおすすめの「コーヒー豆(粉)の保存方法」
記事はこちら http://blog1.shima-coffee.com/?p=11639


焙煎アーティスト 島規之の店 『自家焙煎 島珈琲』3つのこだわり

1 コーヒー焙煎はアートです

 

焙煎はテクニックだけではなく感性が命のアートです
つくり手の感情 経験 想い等 様々なものがこめられて
他にない味が実現できます
当店のコーヒーは僕の感性がつまった作品です

 

2 厳選素材だけを調達

 

感性に優れた取引先からのみ厳選素材を仕入れます
素材を選ぶ基準は「有名だから」ではなく
ほんとうにいい素材だから」です
 

3 道具もハンパじゃない

 

例えば 焙煎機
稀にみる名機ですが
全国でも過去1台しか販売されていないらしい・・・
高い質の豆 焙煎人の腕を要求する
上から目線のじゃじゃ馬だから 笑

ページの先頭に戻る▲