雨の日は ぼちぼちと

関西は梅雨入りし しっとりとした季節になりました
梅雨よりも夏が先に来た そんな暑さのあとの雨
気温が少し穏やかになりましたね
雨の日は 雨の日なのでぼちぼちと行きましょうか

さて 昨晩は高槻店のご近所にある
日本料理屋さんの 「高槻 いし川」さんにお邪魔してまいりました
たまには(ほんとにたまにです 笑)いいお料理を頂いて
味覚を鍛えなければなりません

コーヒー屋だからだと言って コーヒーばかり飲んでいても
味覚が鍛えられるのではなく いろんなお料理を頂いて
味を記憶し コーヒーと何か共通点を探す またはヒントをさがす
そのようなものだと思ってます

味覚というのは記憶なんですね
だからいろいろ記憶していった上で 自店のコーヒーに
よい影響をあたえ 向上させていく といったところです
(たまにはうまいもんたべたい
という欲望に大義名分をつけているのではないですよ・・・・あはは)

高槻店は2年生 去年のデータによると6月から9月いっぱいは
お店の方も穏やかで 仕事も少し落ち着きそう
なので この4ヶ月は社会貢献部 障がい者支援サービス
ラボロの活動にも力をいれていきたいと思います

ラボロの活動メンバーは僕をあわせて現在5名
前にも書きましたが 3名は僕よりも若く 彼らはフリーランスなので
仕事としてできることも何か探さないといけません
それぞれの生活がありますからね

そのところもお手伝いながら このラボロを組織化して
法人をめざし あたらしい福祉のはたらく を創造していきたいと
思ってます

来週は全体でミーティング その後はチームごとの細かいミーティングを
重ねて動き出す予定です
僕がもっている経験や知識で障がいを持った方のどんな支援ができるか
コーヒーを通じてどんな社会への貢献ができるか
どんどん楽しみが増えていってます!こうご期待です

写真 西武百貨店で切子のグラスを見ていました
綺麗ですね すんごい細かい作業なんでしょうね
このグラスで焼酎飲んだら・・・って またそれか!笑
IMG_1686

 


The following two tabs change content below.
焙煎アーティスト 島 規之

焙煎アーティスト 島 規之

珈琲焙煎を究めるために ハワイ島のコーヒー農園で通算6ヶ月働く その後 2002年にコーヒー豆専門店 自家焙煎 島珈琲 を開業 焙煎を究めるアーティストを目指し  日々珈琲焙煎と向き合う 「のほほんと心穏やかに」をモットーとし お客様に 「美味しいコーヒー豆と愛を届けること」に毎日全力を注ぐ
焙煎アーティスト 島 規之

最新記事 by 焙煎アーティスト 島 規之 (全て見る)