講習会 恋する接客

テーマは接客

障がいを持っている方が作る商品を福祉業界では
「授産品」といいます

その授産品の商品力の向上と
商業力(経営力)の向上を目指して
ネットワークを構築し
障がい者の経済的自立の促進に寄与する人材を育成する目的で
大阪府をバックにして組織された
北摂地域 授産商品パッケージデザイン研究共同企業体 様
からのご依頼です

ということで 障がいを持った方を支援する
支援員のかたのための勉強会の講師として
行かせてもらいます そうテーマは接客

2月の12日もしくは13日に会員様限定での開催予定ですが
接客とは何か 日々いろいろ考えていますが
一言で言うのが非常にむずかしぃー です

僕自身が昔から用いた方法は
特にコーヒー豆の販売で接客しているとき
誤解を恐れず言いいますが
その一瞬 目の前にいるお客様に
恋して惚れてしまうのです 老若男女こだわらず
惚れて惚れて大好きなんです!
と言う気持ちになって接客しています

名付けて接客一瞬恋愛法です

恋愛初期の頃 相手を大事に大事に思う
あの気持ち ですね あの気持ちで
接客にのぞむのです!

こんな内容の講習ありでしょうか?
具体的な内容の打ち合わせはこれからなので
もう少し悶々と考えたいと思います

焙煎も接客も アートだ!
焙煎アーティスト 島 規之

※お知らせ 1月25日は 中学時代の友人の結婚式出席のため
高槻店はお休みを頂きます ご迷惑をおかけしますが
よろしくお願い致します

写真は 高槻店にあるレジスターの電子スタンプの
新しくつくりかえる図案です レシートの頭につくデザインですね
これどうですか?

 

IMG_8875


The following two tabs change content below.
焙煎アーティスト 島 規之

焙煎アーティスト 島 規之

珈琲焙煎を究めるために ハワイ島のコーヒー農園で通算6ヶ月働く その後 2002年にコーヒー豆専門店 自家焙煎 島珈琲 を開業 焙煎を究めるアーティストを目指し  日々珈琲焙煎と向き合う 「のほほんと心穏やかに」をモットーとし お客様に 「美味しいコーヒー豆と愛を届けること」に毎日全力を注ぐ
焙煎アーティスト 島 規之

最新記事 by 焙煎アーティスト 島 規之 (全て見る)