うりもんにする

障がいをもった方の働く場所を増やそうプロジェクト
まずはNPOを旗揚げし えびバーガーショップの立ち上げるという計画
を有志のメンバーと僕とで少しずつ少しずつ進めています

その計画をある人に言うと
「それは障がい者を売りもんにするんですか?」
と言われた

そうか そういう見方もあるのか
と少し考えた

僕の中では 売りものにするとかしないとか などは論外であって
彼ら彼女らの仕事場をつくり 金銭の報酬をもらえる場を作ることが最優先で
働きたくても お金を稼ぎたくても あまりにもその場所がなく
あったとしても あまりにも狭き門である現状を少し打破してみたい
そんな志です

よって 島珈琲がコーヒーを通じて何ができるか
社会の中ですこし役立つ何かをしようという とこなのですが
話を戻すと そうか そういう見方もあるのか なのです

誤解を恐れずにいうならば
売りもんにしてるかもしれないけど
売りもんにして何が悪いねん!とも言ってしまいたい
「障がい者がつくってます」って看板あげたら
否が応でも売りもんにしていることになると思うんですね
それの何が悪いんですか

金欲に溺れ 障がい者を利用して悪どいお金儲けをしているなら
罵声をあびるのはもっともでありますが
実にまっとうな計画な話であり 僕は胸をはってどうどうと実行します

お金でも名誉でもないんです この現状を少しでも変えたいんです
障がいをもった方と一緒に働いた経験をもってはる方は
僕の考えていることを少し理解して頂けると思います

僕は障がい者支援施設にあるカフェ
カフェBe店を運営していて思ったことは
高槻という土地での話ですが
今は地域が障がいをもった方を受け入れる
その心の幅が広がっている

そんな手応えを感じています

何かしたいけど 障がいをもった方にどう接していいかがわからない
どうしていいかがわからない
そんな心を持った優しい方が多いと感じてます

だから その優しさにこたえたい
人に優しくすることを嫌う人はいるんですか?
だれもが優しくなりたいと そう願って人は生きているもんだと思ってます

誰もが優しくなれる店 障がいが持った方がつくる
極上のえびバーガーショップ
島珈琲のやるべき次の目標はこれなんです

ながなが書きましたが
「障がい者を売りもんにするんですか?」
という事を訊ねられて
(この方は疑問に思ったことをおっしゃっただけで悪気はないのです)
いろいろと考えることができました

課題はまだまだまだまだ多いですが
一歩ずつ前に進みたいと思います

明日は郡家本町カフェBe店でお会いしましょう!
明日は16時半オーダーストップ 17時閉店です!

焙煎はアートだ
きっと日本で唯一人の
焙煎アーティスト 島 規之


The following two tabs change content below.
焙煎アーティスト 島 規之

焙煎アーティスト 島 規之

珈琲焙煎を究めるために ハワイ島のコーヒー農園で通算6ヶ月働く その後 2002年にコーヒー豆専門店 自家焙煎 島珈琲 を開業 焙煎を究めるアーティストを目指し  日々珈琲焙煎と向き合う 「のほほんと心穏やかに」をモットーとし お客様に 「美味しいコーヒー豆と愛を届けること」に毎日全力を注ぐ
焙煎アーティスト 島 規之

最新記事 by 焙煎アーティスト 島 規之 (全て見る)