日本で唯一   焙煎アーティスト 島 規之

プロフィール

profile_banner

Print

 

日本で唯一人 焙煎アーティスト 島規之

1975年 8月6日生まれ 獅子座 卯年 O型 心身ともに良好 趣味は読書 マラソン マラソンは70キロウルトラマラソン完走あり でも最近は時間なくて走れてません!

はじめて焙煎したてのコーヒーを飲んだときの感動は 今でも決して忘れません

「コーヒーってこんなにも美味しいものだったんだ」

 

 

 

 

 

shasinあの最初の感動が僕がつき動かし
この感動を同じように皆様に味わってほしい
だから 感動をしてもらうことを生き甲斐とし
焙煎を突き詰めることを生業にして 現在(いま)
の僕があります

職業としてのコーヒーの出会い
高校生のころ 喫茶店でアルバイトしたのが最初でした
接客が楽しくて楽しくて仕方ありませんでした

 

 

 

 

 

 

sk76高校を卒業し すぐに就職しましたが
職についてはやめる を繰り返し
何をやっても続かないダメなヤツでした
ふとしたきっかけでコーヒーの焙煎をしり
のめり込んでいきました

いつ日かコーヒー屋で独立しよう!
自己流で焙煎を覚え 資料を探し
とにかく独学で勉強しました
仕事の休みの日には 家で小型の焙煎機で
コーヒー焙煎を繰り返していました

 

 

 

 

02

ある日インターネットを見ると
ハワイ島のコーヒー農園で働きませんか
という募集をみて いてもたってもいられなく
コーヒー焙煎を究めるのなら 生産地での苦労をしらなあかん!
コーヒーの全てをしるチャンスだ!とすぐにハワイ島行きを決めました

 

 

 

 

drs-0001--1

英語がしゃべれない上に農業体験がない僕には
非常に厳しい毎日でした
でも ここで学んだことは今でも非常に大きく
この体験は僕のコーヒー焙煎の基盤になっています

 

 

 

 

shop_okamachi

帰国後 すぐに岡町本店をオープン2002年ことでした
貯金していたわずかなお金と親に借金して
4坪のコーヒー豆専門店を立ち上げました

 

 

 

 

 

 

 

 

img_02

オープン当初はまったく売れず
朝 新聞配達のアルバイトをしながら生計をたてていました
3年でダメならお店をたたもうと思っていましたが
「島さんがお店やめたら どこでコーヒー豆を買ったらいいの」
と僕の人生を決める一言をお客様に頂き
2005年春 3周年を境に岡町本店を日曜日だけの営業に切り替え継続しました

 

 

 

 

IMG_0280

日曜日以外は他の場所で働き
神戸の株式会社マツモトコーヒー様で勤務したときには
ブラジルにコーヒー農園研修に行かせて頂きました
コーヒーのテイスティングなども勉強し
さらにレベルアップすることができました

 

 

 

 

 

 

shop_5

そして2009年 二足わらじを終え 再び店舗1本の勝負にもどりました
障がい者支援施設とコーヒー専門店のコラボカフェ
「カフェBe」の委託依頼があり お受けし
障がいを持った方の職業訓練も含むこのカフェを
立ち上げました

 

 
shop_1

そして節目になる10年目 島珈琲 高槻店を
2012年11月21日にオープンしました
火曜から土曜日は高槻店
日曜日は岡町本店
月曜日は時々 カフェBe店

 

 

 

 

3店舗をぐるぐるしながら日々がんばっております
2013年には 島珈琲 社会貢献部を立ち上げ
障がい福祉に力をいれたボランティアをはじめました
コーヒーのこととおなじくらい力をいれています

 

 

 

 

珈琲焙煎を究めるため 産地の農園で働いた男の店
自家焙煎 島珈琲 焙煎アーティスト 島 規之

島珈琲のコーヒーは あなたの胸を打つ ホームランバッターでありたい
感動の味 感動のおもてなし 感動の活動
3つの感動を 僕はあなたにいつも贈りたい

 

 

master-photo

 

 

 

Last Update: (火)


これは page.php です